FC2ブログ

ライフワークス便り

キリスト教専門葬儀社 ライフワークス社の普段を 個性派社員たちがお届けします!!

第二回メメント・モリ開催!

ご無沙汰しています、ラーメンマンです。
前回のハマっ子の更新から早2ヶ月…
トップページには広告が載ってしまい、愛読者の皆様には大変寂しい思いをさせてしまい申し訳ありません。
しかし、そもそも更新を楽しみにしている人がいるのか?
…いや、いると信じよう。
そんな訳で今パソコンの前で当ブログを閲覧して下さっているあなた!
ありがとうございます。
そんなあなたに日頃の感謝を込めて耳寄りな情報をお知らせします!(通販番組風)

10月27日(土)に昨年好評を博したメメント・モリ集会を今年も開催します!

メメント チラシ 表 改
メメント チラシ 裏 改

今年のメインスピーカーには白浜バプテスト基督教会の牧師であり、白浜レスキューネットワーク理事長でもあられる藤藪庸一先生をお迎えします。
藤藪先生は自殺志願者が訪れる白浜の三段壁に「いのちの電話」の看板を設置し、自殺防止の活動をされています。
NHKの「プロフェッショナル~仕事の流儀~」(2012年5月7日放送)でも取り上げられ、キリスト教界だけでなく、全国から先生の働きに注目が集まっています。
24時間体制で自殺志願者から電話を受け、現場に急行する。
その人の話に心を注いで耳を傾け、帰る場所が無い人であれば、教会での共同生活の場を提供する。
言葉にすれば簡単ですが、それを継続していくには並々ならぬ熱意と覚悟が必要です。
それだけでなく、自殺防止の働きをする中で、自殺防止には子育てをする親と子ども達の教育が重要だと痛感し、「はじめ人間塾」や「放課後クラブ・コペルくん」などの教育活動も展開されています。
そのほかにも町内会長、社会福祉協議会の理事、病院の倫理委員、中学校のこころの相談室相談員など、様々な働きをされていて、いつお休みになっているのかわからないほど多忙な毎日を送っておられます。
実際に今回の集会の件でお電話すると、奥様が出られて「すみませんが、外出中なので○時~△時の間におかけ直し下さい。」という事がほとんどでした。(ご多忙の中、何度もお電話して申し訳ありませんでしたっ)
また、先生のブログを拝見すると、本当に様々な予定が詰まっているのがよくわかります。
そんなお忙しい中、弊社主催の集会に来て下さる先生には頭が上りません。
私自身も藤藪先生のお話が聴けることを今から楽しみにしています。

私も葬儀社で働く中で、自殺された方の葬儀を担当させて頂くことがあります。
当然私たちに連絡が来る頃にはもうすでに亡くなられているのですが、「なぜ自殺という選択をされたのか」「どうにか食い止める術は無かったのか」という思いでいっぱいになります。
他人である私ですらこんな気持ちになるのであれば、ご遺族の悲しみや喪失感は筆舌に尽くせぬほどです。
また、様々なことを投げ捨てて、生理的な恐怖を越えてまで自殺をされた方の気持ちを思うといたたまれません。
自殺者が毎年三万人を越える日本に住む我々にとって、自殺は意外に身近なものであり、目を背けることはできません。
今回のメメント・モリが、自殺という事柄を通して【死】とは何か、そして【生】とは何かを考えて頂く機会になればと願っています。

↓白浜レスキューネットワークのホームページです
(ページ上部のリンクから藤藪先生のブログにアクセスできます)
http://www.aikis.or.jp/~fujiyabu/nrsv1.htm
↓NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0507/index.html

また、前回に引き続きKobe Art Club代表の高島春樹さんによるピアノ演奏も予定しています。
短い時間ではありますが、レストランや結婚式場の音楽プロデューサーとしても活躍されている一流ピアニストの演奏をお楽しみ下さい。
さらに高島さんにはピアノ演奏だけでなく、証もお願いしていますので、どうぞご期待下さい!

15時30分からは前回好評を博した最後の手紙と納棺体験のセッションを予定しています。
死に直面した時、あなたは誰に何を伝えますか?
日頃伝えることのできない思いを手紙にしたため、周囲の方々への感謝を思い起こすひとときです。
その後、希望者は棺に入って頂き、棺の中でしばし黙想して頂きます。
文面にするとふざけているように聞こえるかもしれませんが、棺に入られた方は「入ってよかった」「貴重な体験ができた」とおっしゃいます。
究極の臨死体験をすることで、生かされていることへの感謝がこみ上げてくるようです。

皆様も普段あまり意識することのない【死】に思いを巡らせ、今与えられてる【生】を考えてみませんか?


メメント・モリの詳細は以下の通りです。

開催日時:2012年10月27日(土)
      12時 開場
      13時~15時 
       講演「真に生きるとは何か」
          自殺志願者最後の砦と葬儀社が語る生と死
      15時30分~16時30分
       最後の手紙模擬体験・納棺体験セッション

場所:大阪クリスチャンセンター2階 多目的ホール
    (大阪市中央区玉造2-26-47)

参加費:無料
     席上献金あり(皆様の献金は全額白浜レスキューネットワークに寄付いたします。)

お申し込み先:株式会社創世 ライフワークス社 メメント・モリ事務局〔担当:一ノ瀬〕
         TEL 06-6854-6322
         FAX 06-4256-8786

今回のメメント・モリは事前申し込み制となりますので、お電話またはファックスにてお早めにお申し込み下さい!
※予約をされずにお越し頂いてもご案内できますが、満席の場合は立ち見、もしくはご入場できない可能性がありますので、事前予約をおすすめします。

また、ファックスでお申し込みされる場合はチラシ裏面の申し込み用紙をお使い下さい。
お手元にチラシが無い場合は ①お名前 ②お電話番号 ③所属教会 ④複数名でご参加下さる場合は参加人数 を明記の上、弊社ファックス番号までご送信下さい。


皆様のご参加を心よりお待ちしております!
別窓 | ラーメンマン | コメント:0
∧top | under∨
| ライフワークス便り |