FC2ブログ

ライフワークス便り

キリスト教専門葬儀社 ライフワークス社の普段を 個性派社員たちがお届けします!!

家族葬を考える・・・。

先週末、神戸西方面の教会にてご葬儀が執り行われました。IMG_0299.jpg

ご家族とご親族そして、教会員の方々でのアットホーム的(家族葬)なご葬儀でした。
ご家族をはじめ、ご関係のお一人おひとりの上に、主の支えと慰めと守りがありますように。



ここ近年、アットホーム的な葬儀、家族葬という言葉が、市民権を得つつあります。
10数年前、私が葬儀の働きをはじめたころは、まだ、「家族葬」という言葉は、ほとんど使われて
おりませんでした。この「家族葬」という葬儀の形態は、この数年で浸透してきたように思われます。

それ以前は、葬儀は、大規模に執り行うことを良しとし、一人でも多くの人に参列して頂き、
また立派にお金をかけて送る形を葬儀として、一般的に捉えていたように感じます。

しかし、日本の社会情勢も変化し、また、日本人の葬儀観も年々変化し、ここ近年、本当に
葬儀の小規模化が進んでいるように感じます。この傾向は、日本人の平均寿命(最近のニュースで
100歳以上の不明者騒動があるので今後どのようになるか微妙ですが・・・。)が上がって、
友人の会葬者が減ったり、核家族化進んで親戚付き合いが希薄化しているのも背景にあるように
感じます。また、これまでの日本人が目指してきた形式的で見栄ばかりを追求してきた大規模葬儀
から、少人数でも、心のこもった葬儀をしたいというニーズからの形が「家族葬」として、現われて
きているのかなと、感じるこのごろです。

まあ、一言で現代における葬儀観を語るのは難しいですね。最近は、テレビや書籍でもかなり
葬儀を取り上げておりますので、是非興味を持ってこれからの葬儀を考え、捉えていきたいものですね。

弊社も、現代に生きる一企業として、しっかりと時代のニーズに合わせた葬儀の「形」をお手伝い
していきたく願っております。

IMG_680.jpg
さて、次の働きに向け、出発ですっ!

別窓 | 社長 | コメント:0
∧top | under∨
<<予期せぬ出会い | ライフワークス便り | 『雀、百まで踊り忘れず』 ちょっと違うなぁ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ライフワークス便り |