FC2ブログ

ライフワークス便り

キリスト教専門葬儀社 ライフワークス社の普段を 個性派社員たちがお届けします!!

プチ幸福論。

こんにちは!
有言不実行の紅茶姉さんです。

あっ!!!と言う間に2月ですね。
時の流れが早すぎて、ずるずる引きずられ気味の毎日です。
今日はちょっとマジメなもんでも長々書こうかと思ってやって来ました。

今日、遅めの帰省でハマから無事に帰ってきたハマっ子とお話ししてて、
「何をしている時が一番幸せ?」というお題になりました。
ハマっ子の答えがもう、素晴らしすぎてここでは書けません(涙)。
本人に聞いてみてください。ホント感動するから。

私は悩んだ結果「大好きな人達と美味しいもん食べてる時が幸せ」と言いました。うん。食いしん坊万歳。

家に帰ってからふと、年末に会社に届いたお手紙を開けました。
ご遺族様からもらったお手紙。

かいつまむと、「事前相談の時点で司式者も何も決まっていない状態で葬儀社を迷っていたけど、ライフワークスに決めた瞬間、不思議にそれぞれ相互に牧師先生や病院と繋がっていることがわかって、召される直前に故人が洗礼を受ける事が出来たこと、その後義妹が教会に行くと言い出したこと」が書いてあって。

最初は「お手紙をもらったこと」が嬉しかったんです。

改めて読んだら、神様がすごかった。
普通ならまあ不思議!ビックリ!と思うだけかもしれません。
でも、まがりなりにクリスチャンなので、そこにでっかい意思が働いている事を信じてます。

事前相談の時も葬送式も、その時は神様が使って下さってる実感があまりない(必死というのもありますσ^_^;)のですが、手紙を開けると、こんなボンクラでもちゃんと神様が有効活用して下さっていて、ご家族と召された方の願いが叶いましたと書いてあって。

その時に実感があろうがなかろうが、ああそれは確かに幸せだなあと思ったりしました。

ハマっ子の幸せと、ちょっと似たとこあるのかもしれません。

大好きな人達と美味しいもん食べたりして幸せ。
神様がうまーくいい感じに使って下さって幸せ。

らしいです、どうやら。

だから美味しいもんを食べに……違った、もっともっと腕を磨いてステキな葬儀屋さんになりたいなーと思った冬の一日。

帰省から帰って来てくれてありがとうハマっ子!














別窓 | 紅茶姉さん | コメント:0
∧top | under∨
<<春は名のみの? | ライフワークス便り | 「小さな死」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ライフワークス便り |