FC2ブログ

ライフワークス便り

キリスト教専門葬儀社 ライフワークス社の普段を 個性派社員たちがお届けします!!

好み

ライフワークス便りをご覧の皆様、こんにちは。

うどん太朗でございます。


あっという間に2月ですね。
「あけましておめでとう」と言っていたのがつい先日のように感じるんですが、
実際は30日もの日数が過ぎていた訳です。
光陰矢の如しですね。



さて、皆様乾パンはお好きでしょうか。
私はとても好きです。大好きなのです。
製造メーカーにも拘りがあるほど大好きです。

基本的に小麦製品はおしなべて好きなのですが、
その中でも乾パンは1、2を争うほど大好きなのです。
私の鞄には常に一袋は入っているほどです。

実家では当たり前のようにお菓子棚に乾パンが鎮座しているもので、
それがまぁ、日常の光景だと思っていました。



そう、思っていました。


それが先日、今の時代では、乾パンは非常食と認識されているのだということを
事務所の方々から諭されました。


特にラーメンマンさんからは「それは極限状態で食べるやつや」との不本意なお言葉を
頂戴いたしまして、ミリタリー好きのチーフさんならきっと理解してくれるはずと話を振れば、
「自衛隊の乾パンでもちっちゃいジャムついてんで」と言われる始末。



まぁ、人の好みは千差万別なのは理解しているつもりなのですが、
私としては、もう少し乾パンの美味しさが認められてもいいのではないだろうかと思うのです。


そこで、私うどん太朗は、乾パンをより美味しく食べられる方法を見つけ、
事務所内での乾パンの地位向上を実現すべく立ち上がりました。



パッと頭に過るのは、スープのクルトンのように使うという案。
ただこの場合、主役はスープでクルトンは添え物な訳でして、この立ち位置を逆転する必要があります。

そこで、「スープを煮詰めてソースにしてしまおう!」という逆転の発想に至り、コンビニで購入してきたコーンポタージュを鍋でひたすら煮込み始めました。
衝動に突き動かされていたので画像はありません。あしからず。


ひたすら煮続けること数時間。小鍋ひとつを犠牲として、ポタージュのソースが完成しました。
まぁ、美味しかったです。
穀物でできたものに穀物でできたものをかけているのですから、当たり前と言えば当たり前です。


ただ率直に、これ乾パンでする必要ないなぁ、とも感じました。
トーストでした方が美味しいんではないだろうかと。



その他、油で揚げて塩と砂糖をまぶしてみたり、砕いてタルトのようにしてみたり、
いろいろ試しましたが、たどり着いた結論は、「そのままが一番美味しい」ということでした。



そのままで十分素晴らしいのです。美味しいのです。
変な小細工はやめました。
私はそのまま美味しくいただきます。
皆様も美味しく乾パンを食べましょう!

それでは今回はこの辺で。
別窓 | うどん太朗 | コメント:0
∧top | under∨
<<如月の一コマ | ライフワークス便り | 春は名のみの>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ライフワークス便り |