FC2ブログ

ライフワークス便り

キリスト教専門葬儀社 ライフワークス社の普段を 個性派社員たちがお届けします!!

W発行記念セミナー@横浜

皆さま、こんにちは。
ハマっ子です。
西日本の豪雨をはじめ、台風、地震と落ち着かない毎日ですね。
皆様のご無事をお祈りしております。

さて、タイトルをご覧になりこんな時に何をと思われるかもしれませんが、
こちらをご紹介させてください。


FCCブックレット no.10

東京基督教大学 国際宣教センター キリスト教葬儀研究会発行のFCCブックレット
「日本宣教におけるキリスト教葬儀 開かれたキリスト教葬制文化を目指して」 No.10。

今回のセミナータイトルにもなりました「ダブル発行」のうちのひとつが、こちらです。
同研究会の活動は内外にわたり、
今年で4年目になるそうで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


さてそもそもなぜ葬儀を研究する必要があるのでしょう?
故人を想い、みことばを聴き、主に礼拝をささげ、さらに未信者の方がおいでになったらgood!
では済まないのでしょうか?

葬儀には死を悼む人の思いがこめられます。
家族だけではできないので、近隣の方を巻き込みます。
それはやがて地域性を生み、伝統を生み、文化になっていきます。
他地域との交流によって、他文化が入ってきます。考え方や信仰もしかりです。

それは葬儀だけでなく、私たち自身もです。
たとえば日本に住んでいる私たちには日本の文化や伝統が根付いています。
クリスチャンになってもそれは変わりませんし、また良い面が多々あります。

その中でキリスト教葬儀とは何か、どうあるべきかを知るために
聖書をひもとくと同時に、私たちの歴史や文化を研究することはとても重要です。
知るということは、私たち自身のこともそうですが、
福音を伝えるべき隣人を愛することの始まりではないでしょうか。


お話は最初に戻りますが、
今回の豪雨は未曾有の「記録的」なものだそうです。
つい、そんなものを記録する間に助けてという気持ちになりますが、
過去の記録がなければ人は備えることができません。
それは自分のためもありますが、多くは次世代の見知らぬ人々のためでもあります。

学びましょう。
私たちの隣人に対してキリスト教葬儀を開かれたものしたいと思います。
横浜会場でお待ちしています。


【開催情報】
2018/7/14(土) 13:00開場 13:30開演
於:山の上教会グレイスチャペル


↓クリックするとライフワークス社HP内の詳細ページに飛びます。
fc2blog_201806011824457c9.jpg


※関東関西圏の開催はこれがラストチャンスです。
次回は2018/9/29(土) 福岡会場です。


別窓 | ハマっ子 | コメント:0
∧top | under∨
<<W発行記念セミナー@横浜② | ライフワークス便り | 西日本豪雨により被災された皆様へ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ライフワークス便り |